カテゴリ:札幌( 7 )

到着しました。



御陰様で、無事札幌に到着しました。


早速北海道神宮へお参りに行ってきましたよ。


ここの空気が大好きです。


d0115609_2237369.jpg


d0115609_22365280.jpg

[PR]
by takuya98 | 2015-06-14 22:40 | 札幌 | Comments(2)

北海道新聞。



d0115609_10154640.jpg



金曜日のコンサートの件が北海道新聞に掲載されました。


嬉しい限りです。ありがとうございます!


お待ちしていますーーー!
[PR]
by takuya98 | 2012-06-27 10:18 | 札幌 | Comments(0)

まずは、



ヘアーカット!


フィンランドに居るときから既に予約をして

真っ先に髪を切って頂きました。


Chameleonカメレオン の平山さん。


本当にすばらしい技術をお持ちで、

いつも大満足に仕上げてくださいます。


札幌の方、ぜひぜひ一度切ってもらってくださいー。

中央区南1東5、1−16
011−251−2773


これを見て行かれる方、ぜひ平山さんによろしくお伝えくださいーー。
[PR]
by takuya98 | 2010-08-12 01:43 | 札幌 | Comments(1)

お誘い。

札幌は真冬でびっくりです。
今は吹雪いています。

さて、明日札幌市内にて2つのコンサートに出演します。
お時間が合いましたらぜひぜひいらしてください。



11月23日(金)

(財)北海道文化財団若手芸術家発表促進事業
ミュージアムコンサートシリーズvol.4
Coming Home
〜空飛ぶ道産子音楽家〜
14時開演
出演  高島拓哉 オーボエ
    橘田由希乃 ピアノ
会場  北海道近代美術館ロビー (札幌市中央区北1西17)
入場料 無料

プログラム
メラルティン:メヌエット Op.82,7 
ファリャ:火祭りの踊り
バッハ:シチリアーノ
ドビュッシー:亜麻色の髪の乙女
ピアソラ:オブリビオン
多忠 亮:宵待草 




第101回そらのコンサート
〜フィンランドからの贈り物〜
20時開演
出演  高島拓哉 オーボエ
    橘田由希乃 ピアノ
会場  JRタワー展望台T38
入場料 通常の展望室入場料のみでご鑑賞頂けます。

プログラム
メラルティン:メヌエット Op.82,7 
ファリャ:火祭りの踊り
バッハ:シチリアーノ
ピアソラ:オブリビオン
[PR]
by takuya98 | 2007-11-22 17:22 | 札幌

朝のひと時。


どんなに忙しくても
寝不足でも
疲れていても
朝のコーヒーは絶対に欠かせない。

僕の一日はコーヒーの香りと共に始まる。

決して眠気を覚ますためのカフェイン投下ではない。

コーヒーを味わいながら ”あぁぁ、今日も一日が始まるんだなぁ” なんて思う。
たった10分のモーニングコーヒーの時間であっても
その瞬間はとってもとってもリラックスできる。

今朝はホテルのテラスでのコーヒー。
心地良い風に吹かれながらの贅沢な時間を過ごした。

d0115609_13115798.jpg

[PR]
by takuya98 | 2007-07-25 13:14 | 札幌

再会、そしてまた再会。



僕は幸せ者だ。

僕には沢山のすばらしい友達がいる。

これは大いに自慢しよう!

どの再会も本当にうれしいものだ。

逢えなかった時間を埋めるかのように
お互いのこの1年の報告をし合う。

みんなそれぞれに想い、考え、また1年歴史を刻んだ。


これからひと月、逢いたい人達みんなに逢えるかなぁぁ。
[PR]
by takuya98 | 2007-06-29 20:38 | 札幌

実家そして本番。


実家は良い!
何といっても母の味。おいしい!
1年ぶりの家族との再会。これまたうれしい。

帰国翌朝、早速演奏会の合わせそして本番。
いつも御世話になっているピアニスト
橘田由希乃さん。
長年パートナーしてくれているだけあって、
一発できもちよーーーーく演奏できてしまう。
あああ、安心だねー大丈夫だねーーーと
一路千歳へ。

この春新しくできたアウトレットモールReraにて演奏会。
とっても響が良く、きもちよーく演奏できた。
そして何より温かい聴衆が演奏意欲を盛り立ててくれる。

御来場ありがとうございました!

よし!明日はJR札幌駅!
[PR]
by takuya98 | 2007-06-25 16:09 | 札幌

PHOTO : LEA MAURER フィンランド、トゥルクフィルハーモニー管弦楽団首席オーボエ奏者、高島拓哉。Principal oboe player of Turku Philharmonic Orchestra, Finland


by takuya98

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

kaoriさん。 メッ..
by takuya98 at 03:08
拓哉さ〜ん!数々のコンサ..
by kaori at 05:33
kaoriさま。 ..
by takuya98 at 14:23
一日だけ止みましたが、や..
by kaori at 09:24
kaoriさま。 ..
by takuya98 at 16:20
雨よく降りましたね〜。関..
by kaori at 02:22
kaori様。 こ..
by takuya98 at 22:43
こんにちは。 美し..
by kaori at 15:32
kaori様。 ありが..
by takuya98 at 00:08
おかえりなさい(^-^)..
by kaori at 14:24

■プロフィール■
1978年、北海道釧路に生まれる。幼稚園の先生のピアノをきっかけに音楽に惹かれピアノを始め、トランペット、サックスを経て釧路江南高校でオーボエと出会う。師匠岩崎弘昌氏と出会い、釧路ー札幌間をレッスンのため幾度と無く往復。沢山の支えにより北海道教育大学札幌校芸術文化課程にまさかの合格。嬉しさのあまり飛び跳ね、叫び、声を枯らす。在学中日本演奏連盟推薦新人演奏会に出演し、札幌交響楽団と共演。またハイメス(北海道音楽国際交流財団)コンクールにて第一位受賞。同財団また、北海道文化財団より奨学金を受け、同大学より交換留学生としてフィンランド、シベリウス音楽院へ留学。オーボエをヨウコテイカリ氏に師事。初海外&初一人暮しを同時に体験。あるパーティーでの悔しさをバネに英語を黙々とビートルズで勉強。2000年、留学中ラハティ管楽器コンクール、オーボエ部門にて第一位受賞。その賞としてカルヴィアミュージックキャンプへ招待され、夜な夜なキャンプの仲間にフィンランド語のスラングを教わる。2001年5月25日、運命の日を迎える。当日午前中、シベリウス音楽院での入学試験を終え、すぐさま汽車に飛び乗りトゥルクヘ。トゥルクフィルのオーディションを受ける。一心に自分の演奏をしようと心がけた結果、両方合格。日本との時差を忘れ実家へ報告。”何時だと思ってんの?”と祝福を受ける。留学先での単位を振り替え2001年同大学卒業。2001年9月3日、トゥルクにて社会人生活スタート。フィンランド語語学学校にて3度目のビギナーズコースを受けやっと基礎の基礎を学ぶ。2003年、ソロを吹く前の緊張よりもはるかに高い緊張を感じながら、思いきってリハーサル中、指揮者にフィンランド語で質問をする。オケのメンバーから拍手が起こり、何て暖かいオケなんだろうと実感。涙をこらえる。その後英語を話してもらえなくなり、開きなおってへたくそなフィンランド語を喋る。また同時にフィンランドでいまだに放映されている単純明解なTVドラマで口語を勉強。2004年念願叶ってシベリウス音楽院にてアンナマイヤマルッティネン女史のもと、バロックオーボエを学び始める。2005年、生まれ故郷釧路にて初のリサイタルを開催。”お帰り”というメッセージのついた花束を旧友からもらい、涙をこらえる。2006年、釧路にて高校の同級生のバレリーナとの当時誓い合った10年越しの約束を遂に果たし、バレエと音楽のコラボレーションを実現。2000、2003、2004年、PMFパシフィックミュージックフェスティバルアカデミーオーケストラにて、ワレリーゲルギエフ、ベルナルトハイティンク、ファビオルイジ、エドデワールトら各氏に指導を受ける。2005年同フェスティバルにてアシスタントオーケストラマネージャー、2006年より2013年までオーケストラマネージャーを務める。またトゥルクフィルでの演奏活動と同時に多数室内楽演奏会にも出演。自ら企画演奏するシリーズ、フィンランドからの贈り物を定期的に札幌を中心に開催、現在は名を鐘から鐘へに変更。カタヤトリオを結成しフィンランド国営放送YLEラジオにて録音。同トリオの演奏会後、トゥルク新聞にて”極上のオーボエ”と記される。また同トリオにてスマトラ島沖地震の復興の為、チャリティーコンサートを開催。収益金全額を赤十字を通し寄付。津波の起こったちょうど2年後の2006年、自ら津波の起こったタイ南部、カオラックを訪れ現地の方々と接し、当時の被害の凄まじさを知る。現地の方々のひたむきさ、笑顔に心を打たれる。フィンランド放送響、ヘルシンキフィルハーモニックオーケストラ、シンフォニアラハティ、タンペレフィルハーモニックオーケストラ、オストロボスニア室内オーケストラ、などフィンランド主要オーケストラにて客演を務める。余暇を利用し異文化体験をするべく、いままでにアメリカ、スウェーデン、エストニア、オランダ、ベルギー、デンマーク、チュニジア、ロシア、イギリス、フランス、エジプト、タイ、中国、ドイツ、マルタ、ギリシャ、スペイン、イタリア、インドネシアを旅する。2007−2008年、トゥルク市より奨学金を受けフランス・パリのCite Internationale des Arts(国際芸術家都市)にレジデントアーチストとして滞在、武者修行する。オーボエをジャック・ティス氏に、バロックオーボエをラファエル・パラシオス氏に師事。国際芸術家都市主催コンサートシリーズに出演。また数多くの室内楽コンサート・サロンコンサートに出演。ロンドン在住作曲家Paul Schutze氏製作のCD"Island Universe"にて初めての即興演奏にチャレンジ、ロンドン・ホワイトキューブギャラリーにてジョサイヤ-マケレニー氏のインストレーションとして公開された。2008年8月フィンランド・シベリウス音楽院にて音楽修士号を満場一致の満点で得、卒業。現在トゥルクフィルハーモニー管弦楽団首席オーボエ奏者。

最新のトラックバック

ライフログ

カテゴリ

全体
---LINKS---

コンサート
カフェ


想い
オーボエ
PMF
サウナ
トゥルク
フィンランド
白夜
ヘルシンキ
留学記
札幌
パリ武者修行
パリ
バロック
オーケストラ
日本
釧路

オペラ
未分類

検索

タグ

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

フォロー中のブログ

その他のジャンル

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧