<   2008年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

感謝。


クリスマスホリデーで
インドのムンバイかタイのバンコク/プーケットへ行こうと思っていたけど
今となっては”運良く”出発日と思っていた日のフライトはすべて満席で買えなかった。

今現在ムンバイではテロ、
タイではタイの反政府団体「民主市民連合」によるスワンナプーム国際空港の封鎖で
どちらも混乱中。

またまたこのおかしな偶然に感謝せねば。

ということで、このクリスマス&お正月は去年同様スペインのカナリア諸島で
過ごす事にした。
去年とは違う島で、今年はグランカナリア。
あと3週間で太陽に逢える!
ホリデーまで本番は13公演。
突っ走れー!
[PR]
by takuya98 | 2008-11-29 16:38 | | Comments(0)

夢叶う。


2年前の10月5日。
忘れもしない、全身全霊で挑んだオーディション。
結果は惜しくも2位。
どこにもぶつけることの出来ない怒り、悔しさ、悲しみ。

1位になれない、ということには理由がある。
それを探しにパリへ修行に出た。

オケを離れて1年後の今年9月オケに復帰。
2年前でオーディションで1位になった彼女は一身上の都合により
元居たオーケストラへ戻っていった。
そして先日正式に我がトゥルクフィルへ退職願が出された。

今日、オケで会議が開かれ、ぼくにそのポジションが
渡される事に決定した!
そして僕の正式なポジションだったセカンドオーボエの席は
そのオーディションで3位になった友人へ渡される事となった。

そう、やっぱりあの時の悔しさには意味があったんだ。
”修行してもっと成長して、戻ってきなさい”
という。

これから定年退職するまで
首席で居られる。
大きな夢の一つがやっとやっと叶った。

今まで支えてくれた多くの方々に
心から感謝いたします。

夢はまだまだ沢山あります。
少しずつ、着実に実現させていこうと思います。
これからもどうぞ見守って居てください。
[PR]
by takuya98 | 2008-11-18 05:23 | オーボエ | Comments(30)

リラックス法。


僕のリラックス法は
水泳&サウナ。 このセット。

旅にでるときは必ず水着と水中眼鏡をスーツケースに放り込む。

ゲネプロ(コンサート前の通し稽古)とコンサートの間に
プールへ。
サウナではおじさんおじいちゃんがわいわい話をしている。
そして僕の様子を伺い、
”学生さんですか?”
なんて話しかけてくれる。
そこから他の方も混じってきて
”ぼくね、日本に行った事あるんだよー、えーと、京都、大阪、東京”
そして他のおじいちゃんは
”そうなの?ちょうど同じところに来年3月行くんだよー”
とどんどんを話は盛り上がっていくのでした。

初対面の人には結構シャイなフィンランドの人たちは
なぜかサウナではとっても社交的。
こういうスモールトークを僕は結構好きだったりする。

今日もこれから泳ぎに行って本番!
[PR]
by takuya98 | 2008-11-13 21:11 | Comments(2)

やっぱり!



d0115609_2339551.jpg


この秋はやっぱり旅に縁がある様子。

先週末電話を頂き、
”来週エキストラできてくださいーーーーーー!”
と、今度はコトゥカという街のキュミシンフォニエッタからのお誘い。

なぜか今週僕が降り番ということもご存知だったよう。
またまたレッスン予定や室内楽のリハの予定を変更させてもらい、
急遽パッキング!そして汽車の長旅へ!

そう、こうしてまたまた違うオケにお邪魔して
ほぼ初見でリハに挑み、はらはらどきどきの週が幕開けとなったのでした。

こちらのオケの首席オーボエの方が
今まで演奏しすぎで、唇の筋肉を少々痛めてしまった、とのこと。
これは大変!
早くよくなって頂きたい、、、。

今週がこの秋最後の降り番。クリスマスまでつっぱしれー!という感じ。
今までの全部の降り番の週になぜかとってもタイミングよく
トラのお話を頂き、”こんな偶然もあるんだなーー”なんて
物思いに耽りながら車窓の景色を楽しんだのでした。

明日、明後日は演奏会。
シベリウス音楽院のころの師匠も聞きにいらっしゃる!
楽しみだー!
[PR]
by takuya98 | 2008-11-11 23:41 | | Comments(2)

ようこそ我が家へ。


d0115609_17312419.jpg


我が家へ念願のピアノがやってきた!

ピアニストの友人が引っ越しとともにグランドピアノに買い替えるので
アップライトの買い手を捜していたとき、彼は僕のオケにエキストラとして
やってきて、偶然ぼくとその話になり、、、

”買いマーーース!”
”よし!じゃあ○ユーロでどう?”
”はーーーーい!了解!”

というお互いに笑いが出るほどにスムーズに話は進み、
昨日我が家にやってきた。

ずーーっとこういう色のこういうサイズで、もちろん良い状態のピアノを探していたんだけど
なかなか見つからなかった、、、。
しかもこのピアノはカワイ。
僕はカワイ音楽教室でピアノを習っていたので、なんだか繋がりを感じずにはいられない、、。

我が家へようこそ、大切に弾かせてもらうよ!
[PR]
by takuya98 | 2008-11-08 17:32 | Comments(9)

贅沢な遊び。


先日パリからの友人と共にコンサートホールのスタジオで
大初見大会!
を開催した。

Mちゃんは初見の女王。
初めてみる難解な楽譜もすらすらーーーっと
あたかも今まで弾いた事のあるように演奏してしまうのである。
今回も思わず

”ねえねえ何個目持ってるの?”

と聞いてしまったくらい。

何曲演奏しただろうか。
もう口の回りの筋肉がへろへろになるまで
とことん遊んだ。

これこそ僕にとって
最高に贅沢な遊び。

またしようね!

d0115609_14319.jpg


この写真は先日Mちゃんとヘルシンキを散歩した時のもの。
快晴の日曜日
まさに散歩日和。
[PR]
by takuya98 | 2008-11-08 02:01 | トゥルク | Comments(0)

マカロン!

d0115609_16333214.jpg


パリからのお土産、頂きました。
だーーーーーーーーーーいすきな 

マ カ ロ ン!!!!!!!!!!!!!

うまい、うますぎる!

この繊細な味、やっぱり良い。

お土産ありがとう。
[PR]
by takuya98 | 2008-11-06 16:36 | Comments(2)

ホテルトルニ。


本当はパリからの友人を
7時半に空港まで迎えに行く予定だったんだけど、
サンクトペテルブルグからヘルシンキに到着するのは
夜の10時。
とってもとっても申し訳なかったけど、ホテルまで自力で頑張ってもらった。
そして無事ホテルで合流!
ほんっと良かった、一安心。
”フィンランド人ってみんな親切”と友人。
僕も同感だな〜。
やはりだいたい皆英語が出来るという事が功を奏して
旅行者たちに道を親切に、丁寧に教えてあげる事ができる。
よかったよかった。

再会の喜びと共に
早速ホテルの最上階のバーへ。
ここからの景色が大好きなので、必ずと言っていいほど
旅行で来ている友人と一緒に訪れる。

d0115609_159255.jpg


そして老舗のこのホテルは良いホテルとしても有名で、
泊まってみたかったホテルの一つ。
部屋のインテリアデザインがさすが!
とってもスカンジナビアな空間。

みなさん、ヘルシンキにお越しの際はぜひトルニへ!
[PR]
by takuya98 | 2008-11-05 15:15 | Comments(6)

ただいま!


突然訪れたはらはらどきどきな週を無事終え、
無事にフィンランドへ帰ってきました。

公演翌日は移動日。
出発は午後からなので朝はのんびり、この1週間で初めてやっとぐっすり寝られたという感じ。
とにかく僕はホテルでは良く寝られない、、、。そば殻の枕をいつも持参なんだけどね。
でもこの衝撃的な週での疲れは”ホテルじゃ良く寝られない〜”なんていうのもを
吹っ飛ばすくらいのものだったらしい。

ランチはオケのメンバーと共にお寿司!
やはり釧路のあの新鮮さは無いけれど、うん、満足!おいしかったーー。

そしてハリストス復活大聖堂へ。

d0115609_17154977.jpg


近くに行くと〜

d0115609_1717429.jpg


こんな感じ。
しばしぽわーーっと眺めてしまった。
奇麗なものを見るっていいなー。

帰りの汽車では仲良くなった団員さんと楽しくわいわい!
ちょっと酔い過ぎなメンバーも居たけど、まぁ、たまには良しとしましょー。

ということで無事に任務を果たし、ヘルシンキへ到着!
パリからの友人と即合流!

続く。
[PR]
by takuya98 | 2008-11-04 05:07 | フィンランド | Comments(7)

PHOTO : LEA MAURER フィンランド、トゥルクフィルハーモニー管弦楽団首席オーボエ奏者、高島拓哉。Principal oboe player of Turku Philharmonic Orchestra, Finland


by takuya98

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

kaoriさん。 メッ..
by takuya98 at 03:08
拓哉さ〜ん!数々のコンサ..
by kaori at 05:33
kaoriさま。 ..
by takuya98 at 14:23
一日だけ止みましたが、や..
by kaori at 09:24
kaoriさま。 ..
by takuya98 at 16:20
雨よく降りましたね〜。関..
by kaori at 02:22
kaori様。 こ..
by takuya98 at 22:43
こんにちは。 美し..
by kaori at 15:32
kaori様。 ありが..
by takuya98 at 00:08
おかえりなさい(^-^)..
by kaori at 14:24

■プロフィール■
1978年、北海道釧路に生まれる。幼稚園の先生のピアノをきっかけに音楽に惹かれピアノを始め、トランペット、サックスを経て釧路江南高校でオーボエと出会う。師匠岩崎弘昌氏と出会い、釧路ー札幌間をレッスンのため幾度と無く往復。沢山の支えにより北海道教育大学札幌校芸術文化課程にまさかの合格。嬉しさのあまり飛び跳ね、叫び、声を枯らす。在学中日本演奏連盟推薦新人演奏会に出演し、札幌交響楽団と共演。またハイメス(北海道音楽国際交流財団)コンクールにて第一位受賞。同財団また、北海道文化財団より奨学金を受け、同大学より交換留学生としてフィンランド、シベリウス音楽院へ留学。オーボエをヨウコテイカリ氏に師事。初海外&初一人暮しを同時に体験。あるパーティーでの悔しさをバネに英語を黙々とビートルズで勉強。2000年、留学中ラハティ管楽器コンクール、オーボエ部門にて第一位受賞。その賞としてカルヴィアミュージックキャンプへ招待され、夜な夜なキャンプの仲間にフィンランド語のスラングを教わる。2001年5月25日、運命の日を迎える。当日午前中、シベリウス音楽院での入学試験を終え、すぐさま汽車に飛び乗りトゥルクヘ。トゥルクフィルのオーディションを受ける。一心に自分の演奏をしようと心がけた結果、両方合格。日本との時差を忘れ実家へ報告。”何時だと思ってんの?”と祝福を受ける。留学先での単位を振り替え2001年同大学卒業。2001年9月3日、トゥルクにて社会人生活スタート。フィンランド語語学学校にて3度目のビギナーズコースを受けやっと基礎の基礎を学ぶ。2003年、ソロを吹く前の緊張よりもはるかに高い緊張を感じながら、思いきってリハーサル中、指揮者にフィンランド語で質問をする。オケのメンバーから拍手が起こり、何て暖かいオケなんだろうと実感。涙をこらえる。その後英語を話してもらえなくなり、開きなおってへたくそなフィンランド語を喋る。また同時にフィンランドでいまだに放映されている単純明解なTVドラマで口語を勉強。2004年念願叶ってシベリウス音楽院にてアンナマイヤマルッティネン女史のもと、バロックオーボエを学び始める。2005年、生まれ故郷釧路にて初のリサイタルを開催。”お帰り”というメッセージのついた花束を旧友からもらい、涙をこらえる。2006年、釧路にて高校の同級生のバレリーナとの当時誓い合った10年越しの約束を遂に果たし、バレエと音楽のコラボレーションを実現。2000、2003、2004年、PMFパシフィックミュージックフェスティバルアカデミーオーケストラにて、ワレリーゲルギエフ、ベルナルトハイティンク、ファビオルイジ、エドデワールトら各氏に指導を受ける。2005年同フェスティバルにてアシスタントオーケストラマネージャー、2006年より2013年までオーケストラマネージャーを務める。またトゥルクフィルでの演奏活動と同時に多数室内楽演奏会にも出演。自ら企画演奏するシリーズ、フィンランドからの贈り物を定期的に札幌を中心に開催、現在は名を鐘から鐘へに変更。カタヤトリオを結成しフィンランド国営放送YLEラジオにて録音。同トリオの演奏会後、トゥルク新聞にて”極上のオーボエ”と記される。また同トリオにてスマトラ島沖地震の復興の為、チャリティーコンサートを開催。収益金全額を赤十字を通し寄付。津波の起こったちょうど2年後の2006年、自ら津波の起こったタイ南部、カオラックを訪れ現地の方々と接し、当時の被害の凄まじさを知る。現地の方々のひたむきさ、笑顔に心を打たれる。フィンランド放送響、ヘルシンキフィルハーモニックオーケストラ、シンフォニアラハティ、タンペレフィルハーモニックオーケストラ、オストロボスニア室内オーケストラ、などフィンランド主要オーケストラにて客演を務める。余暇を利用し異文化体験をするべく、いままでにアメリカ、スウェーデン、エストニア、オランダ、ベルギー、デンマーク、チュニジア、ロシア、イギリス、フランス、エジプト、タイ、中国、ドイツ、マルタ、ギリシャ、スペイン、イタリア、インドネシアを旅する。2007−2008年、トゥルク市より奨学金を受けフランス・パリのCite Internationale des Arts(国際芸術家都市)にレジデントアーチストとして滞在、武者修行する。オーボエをジャック・ティス氏に、バロックオーボエをラファエル・パラシオス氏に師事。国際芸術家都市主催コンサートシリーズに出演。また数多くの室内楽コンサート・サロンコンサートに出演。ロンドン在住作曲家Paul Schutze氏製作のCD"Island Universe"にて初めての即興演奏にチャレンジ、ロンドン・ホワイトキューブギャラリーにてジョサイヤ-マケレニー氏のインストレーションとして公開された。2008年8月フィンランド・シベリウス音楽院にて音楽修士号を満場一致の満点で得、卒業。現在トゥルクフィルハーモニー管弦楽団首席オーボエ奏者。

最新のトラックバック

ライフログ

カテゴリ

全体
---LINKS---

コンサート
カフェ


想い
オーボエ
PMF
サウナ
トゥルク
フィンランド
白夜
ヘルシンキ
留学記
札幌
パリ武者修行
パリ
バロック
オーケストラ
日本
釧路

オペラ
未分類

検索

タグ

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

フォロー中のブログ

その他のジャンル

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧