Gamla Stan, Stockholm



旅はやはりいいですね。

お家も、トゥルクも大好きですが、日常から離れた時間で

心身ともに、リセットです。








d0115609_13073484.jpg





[PR]
# by takuya98 | 2017-04-23 13:11 | | Comments(0)

レニングラードシンフォニー。


快晴のトゥルクです。
みなさん日曜日いかがお過ごしですか?

4月6日のコンサートの模様をアップします。

スクリャービンの夢、そしてショスタコービッチのレニングラードシンフォニーです。

ぜひお聴きください。




Leningrad

Leif Segerstam, conductor
Turku Philharmonic Orchestra


Aleksandr Skrjabin: Rêverie
Dmitri Shostakovich Symphony No. 7 ”Leningrad


Shostakovich wrote his Seventh Symphony during the siege of Leningrad in 1941. It has since become hugely popular as a monument to the horrors of war and a symbol of opposition to Nazism and militarism. The composer is said to have described the tranquil section in the first movement thus: “Perhaps it is the tears of a mother, or the feeling when grief is so overwhelming that there are no tears left.”


[PR]
# by takuya98 | 2017-04-23 13:05 | コンサート | Comments(0)

グランパルティータ


4月20日(木)、21日(金)とモーツアルトのグランパルティータを演奏しました。

20日の模様を動画でご覧頂けます。

お時間ある時、ぜひご覧ください。


常々憧れていたこの楽曲をトゥルクの仲間と演奏できたこと、とっても嬉しく思っています。

まだまだ興奮冷めやらぬ、土曜日です。


Gran Partita

Osmo Vänskä, conductor & clarinet
Erin Keefe, violin

Turku Philharmonic Orchestra

Igor Stravinsky: Symphonies of Wind Instruments
Kurt Weill: Concerto for violin and wind orchestra
Wolfgang Amadeus Mozart: Serenade No. 10 for winds, “Gran Partita”

Internationally distinguished conductor Osmo Vänskä is comfortable with both old and new music, and here he is conducting Stravinsky, Weill and Mozart and also playing the clarinet! The soloist in Weill’s jazzy Violin Concerto is the leader of the Minnesota Orchestra, celebrated violinist Erin Keefe.








[PR]
# by takuya98 | 2017-04-23 03:51 | コンサート | Comments(0)

Back to the future!


先日ストックホルムへ行ってきました。

トゥルクから直行便で飛行機が出ています。

8時45分トゥルク発、なんと到着は、、、、

8時30分!!!

15分未来へと戻ります(笑)

あれ?どう表現するのが正しいのでしょうか?(笑)

とにかく時差って面白いですね。

地球の周り方と逆方向に旅をすると、最大で同じ日に何時間いられるんだろう

と言う変な妄想をしてしまう僕でした。

ちなみにその日は僕にとって1日は25時間(笑)

写真はトゥルクの群島、アルキペラゴです。




d0115609_21054328.jpg



[PR]
# by takuya98 | 2017-04-17 21:08 | | Comments(0)

Concert information Saturday 29 April



Pleased to inform you that we will have the first concert of our woodwind quintet!

60°Quintet

Saturday 29 April at 17:00 at Koskela Church in Helsinki

60°Quintet
Niamh McKenna, flute
Takuya Takashima, oboe
Tuulia Ylönen, clarinet
Etienne Boudreault, bassoon
Ville Hiilivirta, horn

Mozart, Nielsen, Ravel, Françaix

WELCOME!!!


コンサートのご案内です。
4月29日(土)17時よりヘルシンキのコスケラ教会にて木管五重奏の演奏会を開催します。
60°Quintet カタカナでは シックスティディグリーズクインテットです。
日本語では北緯60度五重奏団でしょうか!

息の合ったアンサンブルをお届けできると思います。
ぜひいらしてください!


d0115609_13592091.jpg












[PR]
# by takuya98 | 2017-03-29 14:01 | コンサート | Comments(0)

Concert informations,



Concert informations for coming week ;)
今週のコンサート情報です。

Tuesday 28.3.2017 19:00
Wäinö Aaltonen Museum, Turku
(Address : Itäinen Rantakatu 38, 20100 Turku)

Chamber music concert

Niamh McKenna, flute
Takuya Takashima, oboe
Giuseppe Gentile, clarinet
Arvid Larsson, bassoon
Jouko Laivuori, piano

Saint-Saens, Dring, Poulenc, Glinka



Friday 31.3.2017 19:00
Turku Concert Hall
(Address : Sibeliuksenkatu 2, 20100 Turku)

Turku Philharmonic Orchestra

Jonathan Berman, conductor
Jasmine Beams, viola

Lindberg, Rózsa, Schumann

Welcome!!!!!
d0115609_14161994.jpg
Sunset in Turku
ある日の夕焼け、トゥルクにて。






[PR]
# by takuya98 | 2017-03-26 14:18 | コンサート | Comments(0)

フィンランド放送響。Finnish Radio Symphony Orchestra

I had a great time at Finnish Radio Symphony Orchestra this week as a sub. Program was Thomas Adès- In seven days, Dances from Powder her face and Prokofiev 5th symphony.
What a composer Thomas Adès is!
I became totally fan of him! I checked his home page and found out
that he composed for oboe/baroque oboe, horn and harpsichord.
Hope to perform that in the future!
I am so thankful and grateful for great time there!
I am back to Turku Phil next week and ready to enjoy Schumann
second symphony yay!

今週はヘルシンキのフィンランド放送響にお呼ばれしてきました。

Thomas Adèsさんの超!!!が付くほどの現代曲2曲と、プロコフィエフの5番というプログラムでした。

また嬉しい経験ができました。

そしてAdèsさんの曲のファンになりました。

オーボエとホルンとハープシコードの曲があるようなので、いつか演奏できたらいいなと夢見ています。

友人のオーボエリサイタルを聴いたり、シベリウス音楽院で審査員をしたり、室内楽のリハーサルをしたりと

音楽漬けの充実した1週間でした。

さて、来週はトゥルクフィルに戻り、シューマンの交響曲2番をそして火曜日には美術館での室内楽演奏会です。

張り切って参ります!



こちらのリンクからフィンランド放送響の演奏会の様子をご覧いただけます。




d0115609_22053595.png








[PR]
# by takuya98 | 2017-03-25 22:16 | オーボエ | Comments(0)

演奏会のお知らせ。Concert information


Welcome to our concert in Sapporo, Hokkaido!

Duo Recital,
Takuya Takashima, oboe
Mao Kinoshita, piano
12th July, 2017 19:00 at Tokeidai Hall in Sapporo, Hokkaido
Ravel, Debussy, Mozart



来たる夏、7月12日(水)19時より、札幌時計台ホールにて演奏会を開催する運びとなりました。


パリでの武者修行時代に出会った、当時のリアルノダメちゃん、ピアニスト、木下真央さんとともに


デュオリサイタルです!


大好きなピアニストの一人、木下真央さん。優しさに溢れた、けれど強い信念を感じる彼女の音をぜひ北海道の皆さんにも


聴いていただきたいです。


本日より大丸プレイガイド(南1西3)にてチケット販売開始しました。

また、こちらのアドレスからもご予約いただけます。
ご連絡お待ちしています。

takuyamaomusic@gmail.com

たくさんの方々に、聴いてもらえますように。


d0115609_15153880.jpg
















[PR]
# by takuya98 | 2017-03-15 15:18 | Comments(0)

クルーセル音楽祭。



この夏のクルーセル音楽祭のパンフレットが公開されました。




今年も出演いたします。大変ありがたいです


今年は7月23日(日)教会にて、フィンランド放送響のフルート奏者、小山さんとともにテレマンを。


7月29日(土)クルーセル国際フルートコンクールのファイナルのオーケストラにて演奏します。


木管楽器の祭典、クルーセル音楽祭、世界各国より著名な教授陣が揃い連日マスタークラスに演奏会。


木管楽器ファンにとっては夢のような祭典です。


是非いらしてください!





[PR]
# by takuya98 | 2017-03-08 15:03 | | Comments(0)

トゥルクフィル。



トゥルクフィル、先週世界初演のオペラを上演しました。

127年前に作曲されたこのDie Kalewainen in Pochjola- operaはトゥルク図書館の倉庫の隅に

忘れられていたフィンランド民族叙事詩カレヴァラ Kalevalaを初めて題材としたKarl Müller-Berghous作のオペラ。

トゥルクフィルとトゥルク音楽祭の共同プロデュースで今回の世界初演が実現しました。

またこのプロジェクトは今年12月6日に独立100年を迎えるフィンランドのSuomi100,100周年記念行事の一つです。

http://suomifinland100.fi/?lang=en

先週は初演を含めて3公演、今週も同じく3公演。

計6公演です。今日現在、あと2公演です。

トゥルク発のオペラ、今後世界に広がっていくかもしれません。

歴史に触れられた事、感慨深いです。

残りの公演は

3月9日(木)18時より
3月11日(土)14時より です。

www.tfo.fi
d0115609_13452844.jpg
写真はwww.kalewainen.fiより。









[PR]
# by takuya98 | 2017-03-08 13:47 | トゥルク | Comments(0)

PHOTO : LEA MAURER フィンランド、トゥルクフィルハーモニー管弦楽団首席オーボエ奏者、高島拓哉。Principal oboe player of Turku Philharmonic Orchestra, Finland


by takuya98

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

kaoriさん。 メッ..
by takuya98 at 03:08
拓哉さ〜ん!数々のコンサ..
by kaori at 05:33
kaoriさま。 ..
by takuya98 at 14:23
一日だけ止みましたが、や..
by kaori at 09:24
kaoriさま。 ..
by takuya98 at 16:20
雨よく降りましたね〜。関..
by kaori at 02:22
kaori様。 こ..
by takuya98 at 22:43
こんにちは。 美し..
by kaori at 15:32
kaori様。 ありが..
by takuya98 at 00:08
おかえりなさい(^-^)..
by kaori at 14:24

■プロフィール■
1978年、北海道釧路に生まれる。幼稚園の先生のピアノをきっかけに音楽に惹かれピアノを始め、トランペット、サックスを経て釧路江南高校でオーボエと出会う。師匠岩崎弘昌氏と出会い、釧路ー札幌間をレッスンのため幾度と無く往復。沢山の支えにより北海道教育大学札幌校芸術文化課程にまさかの合格。嬉しさのあまり飛び跳ね、叫び、声を枯らす。在学中日本演奏連盟推薦新人演奏会に出演し、札幌交響楽団と共演。またハイメス(北海道音楽国際交流財団)コンクールにて第一位受賞。同財団また、北海道文化財団より奨学金を受け、同大学より交換留学生としてフィンランド、シベリウス音楽院へ留学。オーボエをヨウコテイカリ氏に師事。初海外&初一人暮しを同時に体験。あるパーティーでの悔しさをバネに英語を黙々とビートルズで勉強。2000年、留学中ラハティ管楽器コンクール、オーボエ部門にて第一位受賞。その賞としてカルヴィアミュージックキャンプへ招待され、夜な夜なキャンプの仲間にフィンランド語のスラングを教わる。2001年5月25日、運命の日を迎える。当日午前中、シベリウス音楽院での入学試験を終え、すぐさま汽車に飛び乗りトゥルクヘ。トゥルクフィルのオーディションを受ける。一心に自分の演奏をしようと心がけた結果、両方合格。日本との時差を忘れ実家へ報告。”何時だと思ってんの?”と祝福を受ける。留学先での単位を振り替え2001年同大学卒業。2001年9月3日、トゥルクにて社会人生活スタート。フィンランド語語学学校にて3度目のビギナーズコースを受けやっと基礎の基礎を学ぶ。2003年、ソロを吹く前の緊張よりもはるかに高い緊張を感じながら、思いきってリハーサル中、指揮者にフィンランド語で質問をする。オケのメンバーから拍手が起こり、何て暖かいオケなんだろうと実感。涙をこらえる。その後英語を話してもらえなくなり、開きなおってへたくそなフィンランド語を喋る。また同時にフィンランドでいまだに放映されている単純明解なTVドラマで口語を勉強。2004年念願叶ってシベリウス音楽院にてアンナマイヤマルッティネン女史のもと、バロックオーボエを学び始める。2005年、生まれ故郷釧路にて初のリサイタルを開催。”お帰り”というメッセージのついた花束を旧友からもらい、涙をこらえる。2006年、釧路にて高校の同級生のバレリーナとの当時誓い合った10年越しの約束を遂に果たし、バレエと音楽のコラボレーションを実現。2000、2003、2004年、PMFパシフィックミュージックフェスティバルアカデミーオーケストラにて、ワレリーゲルギエフ、ベルナルトハイティンク、ファビオルイジ、エドデワールトら各氏に指導を受ける。2005年同フェスティバルにてアシスタントオーケストラマネージャー、2006年より2013年までオーケストラマネージャーを務める。またトゥルクフィルでの演奏活動と同時に多数室内楽演奏会にも出演。自ら企画演奏するシリーズ、フィンランドからの贈り物を定期的に札幌を中心に開催、現在は名を鐘から鐘へに変更。カタヤトリオを結成しフィンランド国営放送YLEラジオにて録音。同トリオの演奏会後、トゥルク新聞にて”極上のオーボエ”と記される。また同トリオにてスマトラ島沖地震の復興の為、チャリティーコンサートを開催。収益金全額を赤十字を通し寄付。津波の起こったちょうど2年後の2006年、自ら津波の起こったタイ南部、カオラックを訪れ現地の方々と接し、当時の被害の凄まじさを知る。現地の方々のひたむきさ、笑顔に心を打たれる。フィンランド放送響、ヘルシンキフィルハーモニックオーケストラ、シンフォニアラハティ、タンペレフィルハーモニックオーケストラ、オストロボスニア室内オーケストラ、などフィンランド主要オーケストラにて客演を務める。余暇を利用し異文化体験をするべく、いままでにアメリカ、スウェーデン、エストニア、オランダ、ベルギー、デンマーク、チュニジア、ロシア、イギリス、フランス、エジプト、タイ、中国、ドイツ、マルタ、ギリシャ、スペイン、イタリア、インドネシアを旅する。2007−2008年、トゥルク市より奨学金を受けフランス・パリのCite Internationale des Arts(国際芸術家都市)にレジデントアーチストとして滞在、武者修行する。オーボエをジャック・ティス氏に、バロックオーボエをラファエル・パラシオス氏に師事。国際芸術家都市主催コンサートシリーズに出演。また数多くの室内楽コンサート・サロンコンサートに出演。ロンドン在住作曲家Paul Schutze氏製作のCD"Island Universe"にて初めての即興演奏にチャレンジ、ロンドン・ホワイトキューブギャラリーにてジョサイヤ-マケレニー氏のインストレーションとして公開された。2008年8月フィンランド・シベリウス音楽院にて音楽修士号を満場一致の満点で得、卒業。現在トゥルクフィルハーモニー管弦楽団首席オーボエ奏者。

最新のトラックバック

ライフログ

カテゴリ

全体
---LINKS---

コンサート
カフェ


想い
オーボエ
PMF
サウナ
トゥルク
フィンランド
白夜
ヘルシンキ
留学記
札幌
パリ武者修行
パリ
バロック
オーケストラ
日本
釧路

オペラ
未分類

検索

タグ

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月

フォロー中のブログ

その他のジャンル

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧